舌癌はどんな病気?

口の中にできる口腔癌は全ての癌の1%から2%といわれています。毎年7千人から8千人がかかると言われています。
舌癌は口腔癌の中で最も発生しやすい部位です。舌の両側の側縁に出来ることが多い。


☆舌癌はどんな人がなりやすいのか?
男女比は男性が女性の2倍です。好発年齢は50代後半です。50歳未満は25%です。
原因ははっきりとわかっていませんが酒、タバコの嗜好、歯並びの不正。口腔内が不潔、崩壊した虫歯、不適な冠や入れ歯のある方は歯科、耳鼻科を受診しましょう。
舌に潰瘍やしこりができて長い期間刺激が続くと誘因され癌が発生することがあります。


☆口内炎と舌がんの見分け方?
初期のがんは自覚症状もなく痛みを伴わないことが多いので口内炎が出来たと自覚して
2週間変化がなければ歯科、耳鼻科を受診しましょう。

2019.05.06

ùスタッフブログ一覧へ戻る