上手な舌磨きの方法

1.鏡を見ながら大きく口を開ける
2.思い切り舌を口の外に出します。「アッカンベー」の状態。
(吐きそうになる反射予防)
3.思い切り舌を出すと舌の盛り上がった部分ブラシを当てます。
4.舌ブラシを使い軽い力(100グラム程度)で後ろから前方に掻き出します。
舌は真ん中、両脇の3方向から舌苔を掻き出します。

前後には動かしません。
舌清掃は歯磨き前に舌を傷つけないように1日1回です。
やりすぎは歯ブラシ同様禁物です。

2019.07.15

ùスタッフブログ一覧へ戻る