先進国ではこどもの虫歯が減少しています。最大の要因は何かわかりますか?

先進国で、こどもの虫歯が減少している最大の要因として、WHO(世界保健機構)は、先進国の小児う蝕減少の最大の要因はフッ化物配合歯磨剤の普及と報告しています。

1992年の報告ですから日本でのフッ化物入りの歯磨剤の普及がもっと進むことが大切です。

2018.04.01

ùスタッフブログ一覧へ戻る