お子さまの治療と予防

子ども歯科は、おおむね乳幼児期から、永久歯が萌え揃う学童期まで(12~13歳)を対象としています。
虫歯の治療や予防処置、永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように指導や治療を行います。

子どもの最初の歯は一般に、生後6ヶ月までに生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が完全に生え揃います。乳歯は、子供の身体・健康にとって大切なものであることは言うまでもありませんが、これから生えかわる永久歯にとっても重要な意味を持っています。

当院では、ただ単にお子さまの虫歯を治療するだけではなく、お子さまの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「お母さんといっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」と考えています。

信頼できるかかりつけの歯科医師をお持ち頂くことで、定期検診や適切な指導を受けたり、わからないことを気軽に相談することができます。「6歳臼歯がなかなか生えない」、「痛い」、「前歯がななめに生えた」、「噛み合わせがおかしい」と言った場合などは、早めにご相談ください。

当院の子ども歯科の特徴

3歳未満のお子さまは午前中に治療

小児歯科学では、0~3歳児のお子さまの歯の治療は午前中に行うことが最適とされています。午後の食後で眠くなる0~3歳児は機嫌が悪くなることが多く、お昼寝あけの夕方も1日の疲れが溜まるため、治療が困難になります。
本来、上手に治療を受けられるお子さまが治療嫌いにならないように、出来るだけ最適な時間帯での治療を心がけます。

院長が診療を担当

乳幼児は、毎回担当医が同じであることで治療に慣れていきます。
当院では、基本的に院長が初診相談から治療までを全て行っておりますのでご安心下さい。

※歯科矯正等の場合は専任の担当医が継続してご対応いたします。