歯と睡眠時無呼吸症候群

気道の閉塞部位


「山陽新幹線居眠り運転事件」で話題になり、多くの国民がこの病気を知ることになった睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome )をご存知ですか?


気道の閉塞などが原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。
医学的には、睡眠中に1回10秒以上続く呼吸停止、あるいは低換気呼吸(ガス交換が効率良く出来ていない状態)が、1時間に5回以上あった時に、この病名が付きます。

pixta_10476831_M


このような状態が長年続くと、体内の酸素不足を招き、高血圧、心臓疾患、脳血管障害などにつながります。


また、眠りが浅く熟睡できないため、「日中の眠気」、「疲労感」、「集中力」、「記憶力の低下」、「精神不安定でイライラする」など、社会生活に様々な支障をきたしてしまいます。

睡眠時無呼吸症候群かもとご心配な方は、是非ご相談ください。


当院の治療

歯科ではまず、スリープスプリントと呼ばれるマウスピース型のプラスチック製の器具を製作します。これを就寝時に装着し、原因となる舌根の落ち込みを防ぐという治療法です。持ち運びに便利で副作用が少ないことが特徴です。


スリープスプリントは、医科で睡眠時無呼吸症候群と診断され、歯科に依頼された場合に限り保険適応となります。

歯科医師は、病気の診断ができませんので、詳しくは担当医にご相談ください。


当院では、睡眠障害の専門クリニックであるグッドスリープクリニックの斉藤 恒博先生と連携診療しております。

いびきのメカニズム


いびきは睡眠中に起こるもので、なかなか自分では気付きにくいものです。
一人暮らしの方だと周囲が気になりませんが、家族や会社の旅行などでは周囲に迷惑をかけてしまいます。


いびきは鼻や喉などの気道(息の通る道)が狭くなり、振動して起こります。

原因としては次のようなものが考えられます。


花粉症やアデノイドなどの鼻疾患や咽頭部の障害

肥満によって首回りや舌が太い

顎が小さい骨格や、年齢による筋力の低下

アルコールによる咽頭部の筋肉の緩み

疲労、過労


スリープスプリントを装着することで、いびきを減らすことが出来ます。

本来は、無呼吸の時間を減らすことが目的ですが、同時にいびきの減少につながります。

いびき防止用のスプリントは現在保険適応されておりませんので、自費治療となります。

2016.07.15

ùスタッフブログ一覧へ戻る