歯ごたえはどこで感じているのでしょうか?

食べ物の美味しさを味わうとき、味覚という感覚です。歯ごたえ、歯触りという感覚は、歯の感覚と咀嚼筋 【咬むときに使う筋肉】の感覚からなり立っています。

歯の感覚とは、歯の根の周りをおおっている歯根膜の圧力を感じるセンサーで感じます。

咀嚼筋の感覚は、顎を動かす筋肉の中にあるセンサーが感じる感覚のことです。

うどんを食べると歯根膜のセンサーが知覚し、咀嚼筋にかかる筋肉センサーが知覚します。その情報を大脳が判断しうどんの歯ごたえがわかると考えられています。

2017.12.31

ùスタッフブログ一覧へ戻る