弥生時代と現代では食事の咬む回数はどのくらい違うのか?

弥生時代と現代では食事の咬む回数はどのくらい違うのか?

 

弥生時代の食事は、完食するまで1時間4000回咀嚼していました。

現代人は10分程度で620回咀嚼しています。

現代食がいかに柔らかく咀嚼能力が低下していることがわかります。

2017.12.20

ùスタッフブログ一覧へ戻る